会長あいさつ


いま、急速に整備される情報インフラを見ていますと、これはまさしく18世紀イギリスに端を発した産業革命が、200年の時間を超えてここに来ている、という感じが強く致します。
その革命のコンテンツは「大型機械化と知的情報の集約化」という違いこそあれ、私たち神田電子グループは、この大きな流れの中でユーザーの皆様に的確な「情報とサービス」を提供していかなければなりません。
弊社は昭和43年設立以来、磁性材・電子デバイス・記録メディア製品の各分野において、そのオリジナリティーと高信頼性において世界のトップメーカーであるTDKの製品の流通の役割を担ってきました。そして今後は、そこで培われたノウハウを結集し、この「情報・デジタル革命」の流れに歩を合わせ、インタラクティブ・メディアの市場開拓とマルチメディア関連機器の企画から販売まで、市場チャンネルの「拡大と創造」を続けていくことが使命であると考えております。
これからも、情報機器・アミューズメント機器を中心としたエレクトロニクス分野に於いては、ハード(電子部品)の面から皆様をサポートしてゆきます。また、ソフトの面からは映像・音楽のエンターティンメントを中心として、ノンパッケージ(多チャンネルーデジタル放送等)、パッケージ(CD-R、DVD等)を問わず新システム、新商材の追究を続け、新しいタイプの総合商社として、力強く邁進してゆく所存です。